釣り堀めぐり

釣り
遊び
1
はじめてのコイ釣りで勝負だ!

市ヶ谷フィッシュセンター

コイの釣り方を教わろう

受付けでコイ釣りの入場料を払ったら、スタッフの案内にしたがって、釣り竿とエサを受け取ります。

レンタルの釣り竿には、糸、ウキ、オモリ、ハリなどの「仕掛け」が初めからセットされています。ここに来るのが初めてだと伝えると、エサの付け方や、釣り方をスタッフが教えてくれます。

エサは粉状のエサに水を加えた「練りエサ」。これを1円玉くらいの大きさにします。

ハリを包み込むようにしてエサを付けます。

糸を持ったときにエサが涙型になるように、エサを軽く握って形を整える。握りすぎてカッチカチに硬くすると魚が食べにくくなるので、なるべくしっとりと軟らかな状態で、ハリから落ちない硬さにするのがコツ。

エサを付けたらいよいよ釣りスタート。

エサをやさしく水面に下ろして糸をたるませると、エサが沈んでいきます。目印の棒ウキが水面に立ったらエサが沈んだ合図です。そこからウキを見つめる静かな時間のはじまりです。人間に慣れたコイが水面に集まってくるけど、それは無視して深いほうにいるコイをねらいます。

コイがエサを吸い込むと目印のウキが沈むので、竿を素速く上げて、魚の口にハリを掛けます。この動作を釣りの言葉で「あわせ(合わせ)」と言います。合わせたのに魚が掛からずに空振りしたときは、エサがなくなっていることが多いので、エサを付け直します。

魚が掛かったら、竿を立て気味にした状態で、竿を曲げ続けます。こうすると魚が暴れても糸が張った状態をキープできるので、口からハリが外れません。魚とのファイト中に竿の中間部分を握ったり、糸をつかむと、魚が外れたり、竿が折れるリスクがあります。竿はグリップを握りましょう。
ファイト中にもう片方の出で網を取る駒澤さん。スタッフに教わった動きができてるけど、左利きなので竿を聞き手の左手、網を右手で持つのがベターかも

網で魚をすくいに行くのではなく、魚を網に誘導するイメージでゆっくりと引き寄せる。といっても、初めてのコイ釣りなので、なかなか寄ってこないのです。コイと格闘する駒澤さん。

最後は竿でコイを網に導いて、無事にキャッチ。

ハリを外す方法は、片手で糸を持って、網の中で魚を上に向かせます。もう片方の手でハリをつまんで、ハリ先を下に向けると口から外れます。魚がハリを深く飲み込んだ場合は、釣り堀のスタッフを呼んで外してもらいましょう。このとき「ハリ外し」という道具を使って外すので、使い方を教わって、次から自分で外してみよう。

河﨑さんも人生初のコイをキャッチ。ここで練習は終了。いきなりだが、このあとふたりには、コイ釣りで勝負してもらうのだ。

「釣り遊び1」に戻る