釣り堀めぐり

釣り
遊び
2
カフェ? 釣り堀?

つりぼりカフェCatch&Eat 吉祥寺店

モロコの釣り方を教わろう

まずは魚釣りにチャレンジ。レンタルの釣り竿には、糸、オモリ、ハリなどの「仕掛け」が初めからセットされています。

スタッフにエサの付け方と、釣り方をレクチャーしてもらいます。

エサは半生のペレット。1粒のままだと大きすぎるので、ツメで半分に分けます。

半分にしたものを小さく丸めて、釣りバリの先につけます。

釣り方
①竿を使って、エサをつけた仕掛けを、ゆっくり沈めていく。沈めるスピードは糸が張ったままになるように調節する。
②エサに注目していると、ゆっくり沈んでいくエサをねらって、魚がついばんでくるのが見える。
③魚がエサを吸い込んだ瞬間に竿を上げてハリを掛ける。掛からないで空振りすることが多いけれど何回もトライしよう。
④竿を軽く握っていると、ゆっくり沈むエサを魚が吸い込んだときに「プルッ」という感触が伝わってくることもある。目はエサに注目しながら、プルッという感触で竿を上げて掛けるのもありです。
⑤釣れた魚からハリを外して、眼の前に下げてある白い網の中に入れておく。
⑥時間内に最多で10尾まで釣ることができます。10尾釣るか、時間切れになったら、釣った魚を唐揚げか天ぷらにしてもらおう。

この日のイケスには、モロコとアユが泳いでいました。水面近くにいるのがホンモロコ、深いほうにいる少し大きい魚がアユです。日や時間帯によって、水面近くでエサを食うときと、深いほうでエサを食うときがあるので、食べる水深の傾向を考えながら釣るのがコツだそうです。

「釣り遊び2」に戻る