ゴンズイ

季節

場所

海・岸

難易度

★★☆☆☆

分類 ナマズ目ゴンズイ科ゴンズイ属
別名 とくになし
分布 中部・富山より南の沿岸部。太平洋岸に多く見られ、日本海側には少ない
大きさ 本州では10~20cm前後が主だが、沖縄では約30cmまで大型化する
釣期 専門にねらう人は少ない。よく釣れるのは初夏~秋
生息場所 砂泥底などを群れで泳ぐ
特徴 黒い身体に黄色いラインが特徴で、ナマズのような見た目をしている。他魚種の外道としてよく釣れる、毒を持った魚だ。毒は胸ビレと背ビレのトゲにあるので注意。死んだあとも毒性は消えず、刺されると激痛が走る。「ゴンズイ玉」と呼ばれるボール状の群れで行動し、肉食の夜行性。産卵期は梅雨時期で、海底に円形の産卵床を作る
釣り方 堤防や砂浜からの投げ釣りなどで釣れる。専門にねらう人はほとんどいない
美味しい食べ方 毒のトゲにさえ注意すれば、美味しく食べることができる。房総地域では味噌汁の具にされる。蒲焼や柳川も美味