マダイ

マダイ
季節

場所

海・岸

海・船

難易度

★★★★☆

分類 スズキ目スズキ亜目タイ科マダイ属
別名 チャリコ(幼魚)
分布 全国の沿岸。奄美諸島・沖縄島にも稀にみられる
大きさ 最大で体長1mを超えるが、60cmまでの個体が多い
釣期 ほぼ周年。最盛期は3~6月、9~11月ごろ
生息場所 浅場から深場まで幅広く分布。成魚は水深30~200mの大陸棚や外洋に生息するケースが多い
特徴 岩礁や砂礫底の海底付近を好む。甲殻類や小魚、貝や頭足類などさまざまなエサを好む。大きな群れは作らないことが多い。30m以深の深場にいる個体が多いが、産卵期(2~8月)には浅場に上がってくる傾向がある。稚魚は浅場の藻の周りや岩場で生活し、2~3年で成長するにつれ深場へ向かう。寿命は長く40年に及ぶことも。体色は淡いピンクで側面には瑠璃色の小さな斑点がある。若いうちはぼんやりとした横縞が見られるものの、成長するにつれなくなっていく。尾ビレの縁が黒いのが特徴。チダイやキダイと見分けるポイントのひとつがココだ
釣り方 船からねらうことが多い。エビをエサにしたり、寄せエサを活用した釣りでねらうことが多い。タイラバと呼ばれるルアーの一種でねらう釣りも人気。岸からも投げ釣りやウキ釣りで掛かることがある
美味しい食べ方 刺身や塩焼き、皮霜造、ムニエル、フライ、鯛茶漬け、鯛めしなど