ソウシハギ

季節

場所

海・岸

難易度

★★★☆☆

分類 スズキ系フグ目カワハギ科ウスバハギ属
別名 サンスナ、オキメンボウ、ハゲ
分布 もともとは熱帯~亜熱帯地域の魚だが、関東以南の沿岸まで生息域を広げている
大きさ 最大で50~100㎝ほど
釣期 専門に狙うことはあまりない
生息場所 沿岸の海藻が繁茂する場所
特徴 内臓に猛毒を持つ。ウマズラハギに似るが、青みがかった波紋状のも模様など、より派手な見た目。日本では沖縄など亜熱帯地域で多くみられ、近年では関東でも釣果が報告される。海藻などの浮遊物に身を寄せることが多い。感じでは「草紙ハギ」「藻姿ハギ」とも書き、その藻に紛れる見た目が名前の由来となっている
釣り方 専門に狙うことはほとんどない。磯釣りのオキアミなどに食いつき、外道として釣れることがある
美味しい食べ方 内臓は食べられないが、沖縄では身を刺身などで食べる