タイリクバラタナゴ

タイリクバラタナゴ
季節

場所

難易度

★★★★☆

分類 コイ目コイ科タナゴ亜科バラタナゴ属
別名 オカメタナゴ
分布 中国原産の外来種で、現在は日本全国に生息
大きさ 5~8cm前後
釣期 通年ねらえるが、ハイシーズンは冬季
生息場所 湖沼や流れの緩やかな河川の中~下流域、水路など
特徴 外来種だが、全国に定着した現在では「タナゴ」というとこのタイリクバラタナゴを指すことが多い(在来種はニッポンバラタナゴ)。扁平で体高があり、青緑がかった体色が特徴。3~9月が産卵期で、ドブ貝など大型の二枚貝に産卵し、稚魚は孵化後1ヵ月ほどで貝から出てくる
釣り方 ノベザオによるミャク釣りが一般的
美味しい食べ方 リリースが基本で食すことはあまりない