ブルーギル

ブルーギル
季節

場所

難易度

★☆☆☆☆

分類 スズキ目スズキ亜目サンフィッシュ科
別名 「ギル」と呼ばれることが多い
分布 日本各地の湖沼や河川
大きさ 10~20cmが多く、最大で約30m
釣期 一年中釣れるが、とくに春から秋が活発
生息場所 湖沼や河川の障害物の周りに群れる
特徴 北米原産の外来魚。体高がある扁平な体型で全体的に青っぽい黄緑色。エラ(英語でギル)の後ろに黒い斑紋がある。エビやミミズ、魚の卵や水草などを食べる雑食性で、子どもがミミズなどで釣る相手にぴったり。水面近くに浮いていることも多い。5~6月に産卵する個体が多い
釣り方 小さなワームを使ったルアー釣りや、ミミズや練りエサを用いたウキ釣り。魚肉ソーセージなどもよく釣れる
美味しい食べ方 食用にすることはほぼないが、フライやムニエルで食べられる