ブラウントラウト

ブラウントラウト
季節

場所

難易度

★★★★☆

分類 サケ目サケ科タイセイヨウサケ属
別名 シートラウト(降海型)
分布 ヨーロッパ原産の外来種で、現在は東日本や北海道に生息
大きさ 20~50cmが多いが、最大で1m以上になることも
釣期 禁漁期間が設けられている釣り場が多く、主に渓流が解禁になる3~9月
生息場所 低水温な湖沼や河川の上流域。 殖期は環境によって異なるようで、湖沼では流入河川にソ上して行なわれる。 降海型はシートラウトと呼ばれ日本でも一部の河川で確認されている。普段は海を回遊しており、産卵の時だけ淡水に帰ってくる。
特徴 地域や個体によって見た目に差があるが、黄~茶色がかった身体に黒と朱色の斑点があるのが特徴。サイズや食性はニジマスに近く、肉食で小魚や甲殻類、昆虫類までなんでも捕食する。産卵は川を遡上して行い、一部降海型の個体もいる。こちらはシートラウトと呼ばれている
釣り方 ルアーやフライフィッシングが人気。深場の個体は船からのトローリングで狙うこともある
美味しい食べ方 寄生虫の恐れがあるので生食はおすすめできないが、フライやムニエル、塩焼きなどで美味