ホンモロコ

ホンモロコ
季節

場所

難易度

★★★☆☆

分類 コイ目コイ科タモロコ属
別名 ヤナギモロコ、シラバイ、ムギハエ、モロコ(他のモロコ類と混称)
分布 琵琶湖の固有種。奥多摩湖(東京都)、河口湖(山梨県)など一部水域にも生息
大きさ 10㎝前後。最大で14cmほど
釣期 産卵のために接岸する3月中旬から4月下旬がねらいめ
生息場所 水深5m前後の湖の沖の中層を群で遊泳する傾向がある
特徴 タモロコに似ているが、より身体が細長く、とがってやや上向きの口が特徴。環境省のレッドリストでは絶滅危惧ⅠA類に指定されている。産卵期は春で、深場から浅場に接岸し、 用水路などにも入ってくる。メスを数尾のオスが追いかけ、水草などに産卵する。食性は主に動物プランクトンで、水生昆虫を捕食することもある
釣り方 春など岸近くに接岸していればノベザオのウキ釣りで狙える。深場にいるタイミングはリールザオのサビキ釣りなどで釣ることができる。エサはアカムシやサシなど小さいものを使う
美味しい食べ方 コイの仲間ではとくに美味。甘露煮や素焼きが定番だが、骨が柔らかいので揚げて煮てもよい