マゴチ

マゴチ
季節

場所

海・岸

海・船

難易度

★★★☆☆

分類 スズキ目カサゴ亜目コチ科コチ属
別名 とくになし
分布 日本海・東シナ海沿岸(青森県、若狭湾~九州南岸)、太平洋岸(宮城県~九州南岸)、瀬戸内海、種子島
大きさ 最大で70cm。よく釣れるのは40cm前後
釣期 夏が最盛期だが一年中釣れる
生息場所 水深30mより浅い砂泥底
特徴 ヒラメと同じく普段は海の底に身を潜め、エサ(小魚や甲殻類、小さなタコやイカ)が通りすぎると一気に襲う。体型は左右に平たく、頭部と口が大きいかなり特徴的なルックスだ。 産卵期の5~7月は浅場に上がってくるが、冬はやや深場に移動する傾向がある。干潟や河口などの汽水域にも多い
釣り方 船からはエビやハゼをエサにして底をねらう。岸からは生きたハゼをエサにした投げ釣りやルアー釣りが人気
美味しい食べ方 刺身、塩焼き、 空揚げなど