マハゼ

マハゼ
季節

場所

海・岸

海・船

難易度

★☆☆☆☆

分類 スズキ目ハゼ亜目ハゼ科マハゼ属
別名 デキハゼ(小型)
分布 北海道から種子島にかけての沿岸
大きさ 最大で25cm。15cm前後の個体が多い
釣期 7月から1月ごろ。9~11月が最盛期
生息場所 内湾や汽水域の砂泥底。淡水域でも見られる
特徴 海底で暮らす。肉食性でゴカイの仲間や甲殻類を捕食する。産卵期は1~3月。オスが砂泥底にY字型の巣穴を堀り、メスを招いて産卵し、オスがふ化するまで卵を守る。稚魚のおもなエサはプランクトン。夏は浅場で暮らし、冬は深い場所へ向かう傾向がある。そして春には浅場で産卵し寿命を迎える
釣り方 船からも岸からもねらう。ウキ釣りやミャク釣りがメイン。クランクベイトなどのルアーでも釣れる
美味しい食べ方 天ぷら、佃煮、甘露煮、刺身(大型)