マサバ

季節

場所

海・岸

海・船

難易度

★★☆☆☆

分類 スズキ目サバ亜目サバ科サバ属
別名
分布 日本近海の暖流の影響を受ける海域
大きさ 最大で約50cm
釣期 通年ねらうことができる
生息場所 沿岸から沖にかけての~中層を群で回遊する
特徴 ゴマサバに似るが、やや平たい身体をしている。青緑色の背中に黒い波のような模様が入っているのが特徴。肉食性で、動物プランクトンや小魚を好む。春は北へ、秋になると南へ回遊することが多い。下する群れが多い。2~8月にかけて産卵し多くの卵を産むが、イワシと同様大型の肉食魚のエサとなってしまう
釣り方 群れが接岸している時は、防波堤などからサビキ釣りで数が釣れる。沖釣りではカゴ釣りのほか、小型のルアーでも狙える
美味しい食べ方 脂の乗る冬が旬。新鮮なものは刺身でも食べられるが、アニサキスに注意。酢で締めるのが無難だ。塩焼き、味噌煮、フライなども定番