ヤマメ

ヤマメ
季節

場所

難易度

★★★☆☆

分類 サケ目サケ科サケ属
別名 ヤマベ、ヒラメ、エノハなど
分布 北海道以南、関東以北の太平洋岸と日本海全域、および大分県を除く九州(放流による例外あり)
大きさ 陸封型のものは平均20~30㎝。最大で40cmほど
釣期 釣り場の遊漁規則にのっとり、3~9月が一般的
生息場所 標高の高い山上湖やダム湖、河川の上流域。ダム湖や中~下流域まで下る個体は「戻りヤマメ」「銀毛」などと呼ばれる
特徴 身体の側面に見られる美しいパーマークが特徴で、その見た目から「渓流の女王」と称される人気の魚種。パーマークは大型になるにつれ薄れ、とくにダム湖や河川の下流域に下って大型化するものは銀毛化する。降海型の同種がサクラマスにあたり、こちらはより大型化する。産卵期は秋。食性は水生昆虫などを食べる肉食性
釣り方 カワムシやミミズを用いたノベザオのウキ釣りやミャク釣りをはじめ、テンカラ、ルアー、フライフィッシングでもねらう
美味しい食べ方 塩焼きや天ぷら、甘露煮、ムニエルなど。天然ものは寄生虫のリスクから生食には向かない