釣りはじめてサポート

釣りにまつわるさまざまなトラブルシューティングや
お役立ち情報をお届けします。

ルアーのフック交換の目安

2020年3月31日

ルアーを購入するとたいていの場合はフックがセットされた状態で手に入りますが、

このフックはいつまで使えるのでしょうか?

たとえば、根掛かりを外したときにフックが曲がったり折れたりしたら交換しますよね。


釣り場での交換に備えてスペアのフックをたくさん用意するアングラーも多くいます

でも、普通に使っていてもハリ先はルアーのボディーにぶつかることでだんだんなまってくるのです。

そこで大切なのがハリ先のチェック。昔から定番の爪を使う方法がいまでも有効です。

ハリ先を爪に立ててみて、食い込むようなら合格。爪に後を残しながら滑ってしまうフックはNGです。


爪に食い込んで動かなければ合格!

NGのフックはフックシャープナー(ヤスリ)を使って研ぐのも手ですが、

製造時に化学研磨されるのが一般的な現代のフックは新品時の鋭さには戻せません。

思い切って新品のフックに交換してしまいましょう。

交換時にはスプリットリングを介してフックをセットすることになるので、

プライヤーの先端がカギ状になっているタイプがあると便利です。


トレブルフックの場合、アイの向きが横のものと縦のものがあります。ルアー側のアイの向きとの兼ね合いで、ハリ先がルアーの正中線上に1本、左右へ均等に2本が向くようセットするのがいいでしょう

コチラの記事もおすすめ

READ MORE 戻す