釣りはじめてサポート

釣りにまつわるさまざまなトラブルシューティングや
お役立ち情報をお届けします。

偏光グラスの機能と役割

2020年4月30日

 

釣りの際に身に着けるアイテムとして帽子と並んで欠かせないのが偏光グラスです。

どんなジャンルの釣りでもかけているのを見かけますよね。

この偏光グラス、一見ただのサングラスにも見えますが、

眩しさを抑えるだけでなく、

水面をぎらつかせる太陽の反射光をカットしてくれる機能があるのです。

これは水中のようすをうかがって

地形変化や魚自体を探すのに必要な機能であるだけでなく

水面のウキや釣り糸を見やすくしてくれることで

釣り自体をストレスなく行なうために欠かせないのです。

それ以外の重要な機能としては目の保護があります。

釣り場では釣り針やオモリが顔に向かって飛んできたり

木の枝などが不意に目の前に現われたりして怪我をしてしまう危険があります。

このような物理的な傷害のほか、紫外線カットの機能も備えているものが多いです。

最悪のケースでは失明をしてしまうような事故や紫外線から

目を守るためにも偏光グラスの着用をおすすめします。

偏光レンズのカラーは、眩しさを抑えるのを重視した濃い色や

曇りのときも見やすい薄い色、水中の物体の輪郭を際立たせてくれる色など

機能によってさまざまなラインアップがあります。

レンズの色は濃くても薄くても紫外線透過率はあまり違いがないため

最初にひとつ選ぶのであれば薄めの色がおすすめ。

掛けたときに明るく見えるレンズなら瞳孔が開きすぎないので

目の中に入る紫外線の量を少なくできます。

コチラの記事もおすすめ

READ MORE 戻す