釣りはじめてサポート

釣りにまつわるさまざまなトラブルシューティングや
お役立ち情報をお届けします。

いまさら聞けない釣り用語「ち」

2021年12月16日

釣りを教えてもらうとき、解説記事を読んでいるとき、わからない言葉があったらこの記事をチェックしてみてください。




・と
な・に・ぬ・ね・の
は・ひ・ふ・へ・ほ
ま・み・む・め・も
や・ゆ・よ
ら・り・る・れ・ろ・わ

 

ビギナーにオススメの入門記事をチェック!
釣りはじめていいですか? 初めての川・用水路のフナ釣り
5分で始める釣り入門 ワカサギ・ドーム船の釣り

 

チェイス
魚がルアーなどを追いかけてくること。

力(ちから)イト
投げ釣りで、道糸の先につける太い糸。仕掛けを投げるときにショックを受け止め、道糸が切れないようにするのが目的。

チチワ
釣り糸の先端に作る輪のこと。ぶしょう付けと呼ばれる方法で、釣り竿の穂先、サルカン、糸と糸同士などを接続できる。


血抜き
鮮度を保つために、釣り上げた魚の血を抜くこと。

チモト
軸に糸を結ぶタイプの釣りバリの、糸を結び付ける部分。結び目が抜けないよう平べったくなっている箇所は「ミミ」と呼ぶ。ハリスのハリ側の部分をこう呼ぶ場合もある。

チャネル(チャンネル)
広義には水の流れの道筋のこと。ルアー用語としては、湖などで湖流の流路に沿って周囲より深くなった地形や、ダム湖に水没した旧河川跡などを指すことが多い。

チャラ瀬
浅い瀬。水深がひざ下くらいまでの瀬をさすニュアンス。

宙釣り
底から仕掛けを離して中層をねらう釣り方。

チューブラー
中空になっている釣り竿の構造を指す言葉。一般的に、釣り竿はカーボンのシートを丸めて筒状にして作られるので、ほとんどがチューブラーである。ただし製品によっては中身が詰まったカーボンなどの棒材を削り出して作られているものもあり、これはチューブラーに対してソリッドと呼ぶ。ソリッドティップはチューブラーの竿にソリッドの穂先を継いだもの。


チューブワーム
バスフィッシング用の、中空構造のソフトルアー。

ちょい投げ
仕掛けを遠投せずに軽い力で投げ込むこと。

関連記事をチェック!
ちょい投げのハゼ釣りにチャレンジ

 

釣果(ちょうか)
釣りの成果のこと。

調子
釣り竿の曲がり具合のこと。先端付近が曲がり込むものは先調子、手元付近から曲がりやすいものは胴調子と呼ぶ。


穂先だけが曲がりやすい「極先調子」が特徴のカワハギ竿

釣趣(ちょうしゅ)
釣りのおもむき、味わい。

チョウチン仕掛け
竿の長さに対して極端に全長が短い仕掛け。


直結
釣り糸を直接対象物に結ぶこと。

チョン掛け
エサやソフトルアーを一部だけ引っ掛けるようにハリにセットすること。

チラシバリ
アユの友釣りに使うハリ。通常は3~4本のハリを束ねたイカリバリを使うことが多いが、チラシバリは1本のハリをハリスに2~3本結んだ構造になっている。

チロリ
投げ釣りで使うエサ。匂いが強く集魚効果が高い。

チンチン仕掛け
瀬で使うアユ用の毛バリ仕掛けのこと。

 

 

 

コチラの記事もおすすめ

READ MORE 戻す